セミナーのご案内: 人事労務現場における昨今の問題

  • 24 Apr 2015
  • 13:30 - 17:00
  • IZUMI GARDEN CONFERENCE CENTER, 7F, Izumi Garden Tower 4, 1-6-1 Roppongi, Minato-ku, Tokyo

Registration

  • *Exclusive of tax

Registration is closed


協賛
提供

セミナーのご案内
人事労務現場における昨今の問題

(1)

様々な準備・管理人事労務担当弁護士からの視点コンピューターテクノロジーができること


スピーカー


嘉納英樹

アンダーソン・毛利・友常弁護士事務所 パートナー

企業側、会社側に立って人事労働実務全般を取り扱います。

 

I.団体的労使関係(対労働組合団体交渉、争議行為・情報宣伝活動への対処など)

II.個別的労使関係(人員削減、解雇・合意退職、給与・賞与・退職金制度の設定、賃金削減関係、時間外労働手当不払などにかかわる労基署是正勧告への対処、ワークシェアリング、パートタイム労働者関係、有期労働契約関係、高年齢者・障害者雇用関係、外国人雇用関係、懲戒処分、転勤・出向・転籍、労働者派遣と業務委託・請負との相違、職業安定法・雇用対策法関係、成果主義対応、セクシャルハラスメント、いじめ(ブリイング)、メンタルヘルス悪化労働者の取扱、労働安全衛生、労働契約書作成、就業規則作成・改正、取締役との委任契約関係、会社秘密情報の従業員による侵害の防止、従業員個人情報の保護・移転、従業員作成物(発明、著作物など)の権利帰属、内部告発など)

III.労働保険・社会保険・年金関係(労働者災害補償保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険、確定拠出年金、確定給付年金、厚生年金基金、税制適格退職年金など)

IV.紛争関係(労働審判、労働訴訟、個別労働紛争助言指導斡旋、不当労働行為救済手続、労働保険社会保険不服審査など)  

セミナー概要

人事労務現場における昨今の問題(1)

訴訟までの過程・準備とコンピューターテクノロジー

  • コンピューターテクノロジーの導入となぜ?
  •  戦いの場面(民事訴訟)と長期戦略 近年によく見られる事実 労使紛争の例 US, 日本、アジア各国の状況:不当労働、機密漏えい、引き抜きに関する事例を含め
1.
  • 非公式の手続
  • 弁護士間の話し合い
  • 団体交渉

2. 

  • 司法手続
  • 通常の民事訴訟
  • 仮処分
  • 労働審判

3.

  • 行政手続
  • 労働委員会における斡旋・不当労働行為救済手続

  •  都道府県労働局における個別労働関係紛争の助言・指導       ・斡旋
  •  戦いを予め見越した予防----平時における準備として何ができるか(競業避止は有功か)
  •  戦いを予め見越した予防----   非常時には何をしなければいけないのか

上記セミナー内容は都合により一部変更となる場合がございますので、予めご了承下さい。

  • 将来の方向性
  • 質疑応答

イベント情報

* 日時

2015/4/24(金)13:30 -17:00

* 開催場所

泉ガーデンコンファレンスセンター Room 4
106-6007
東京都港区六本木
1-6-1泉ガーデンタワー・7F

http://www.bellesalle.co.jp/room/izumig_cc/access.html

* 講義言語

日本語

* 講師

嘉納英樹 アンダーソン・毛利・友常弁護士事務所 パートナー

 *  料金
  一般  --  4,000円 *税含まず 
  JHRSプロフェッショナル会員  –  無料


Share this page:


i






 
  


 
 
---Media Partners---
WSJ Asia Logo.jpg
 
   
 

 

      


 
© 2007-2015. The Japan HR Society (JHRS). All Rights Reserved.  c/o HR Central K.K. (The JHRS Secretariat), 3-26-32-101, Kamikodanaka, Nakahara-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa-ken 211-0053 JAPAN | Tel: +81(0)50-3394-0198 | Fax: +81(0)3-6745-9292 | Email Us. | Read our Privacy Policy.
Powered by Wild Apricot Membership Software